打当温泉マタギの湯 
〒018-4731 
秋田県北秋田市阿仁打当
字仙北渡道上ミ67
TEL:0186-84-2612
FAX:0186-84-2459

立ち寄り入浴
 04月~10月  
  09:00~22:00
  (最終入館21:30)
 11月~03月  
  09:00~21:00
  (最終入館20:30)
 大人:  600円
 小人:  200円
 未就学児:0円

家族風呂
 09:00~21:00
 1時間:1500円
 (宿泊の方:1000円)

大広間休憩
 09:00~16:00
 大人  :250円
 小人  :150円
 未就学児:0円

 ※繁忙期など、大広間を
ご用意できない可能性がご
ざいますので、お問い合わ
せのうえご来館ください。

お食事処「シカリ」
 昼の部:11:00~14:00
 夜の部:17:00~19:30

※宴会予約などの都合上、
営業できない可能性がござ
いますので、お問い合わせ
のうえご来館ください。


定休日
 不定休 年に数回
 (館内点検や清掃のため)



工事中です。

少しづつ修正・追加していきます。





秋田県北秋田市阿仁地区・・・合併前は「阿仁町」といいました。
その阿仁町の南部を阿仁(大阿仁)エリアといいます。
この地域は雪深い地域で、狩猟生活を営む「マタギ」で有名な地域です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マタギ資料館

 「マタギ」とは、古来より山深く分け入って熊などの狩猟を生業にしていた人たちのことを言います。特に秋田県阿仁地方はマタギの里として全国的に知られています。

 打当温泉マタギの湯に併設されている「マタギ資料館」は、規模こそ小さいものの、マタギの装束や狩猟道具などが展示されており、学術的にも地域文化を知るためにも大変興味深いものとなっています。 

 入館料
   大人150円  小人50円 
   ※宿泊のお客様は無料でご覧になれます。

 営業時間
   09:00~17:00

 定休日
   不定休。打当温泉マタギの湯の休館日と連動しています。

 ※マタギ資料館はもともと独立した棟でしたが、現在では打当温泉マタギの湯と渡り廊下で棟続きになっており、元あった資料館入り口は「従業員入り口」として利用されております。現在の入館場所は「打当温泉マタギの湯の入り口」、入館料支払い場所は「打当温泉マタギの湯のフロント」となっておりますのでご注意下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
阿仁熊牧場「くまくま園」

 打当温泉マタギの湯から1.5kmほどの距離にある、日本でも珍しい(東北地方では唯一の))熊だけの動物園です。日本に生息している「ツキノワグマ」と「ヒグマ」が飼育されています。


安の滝
やすのたき

 「安滝(やすたき)」とも言われる、打当温泉マタギの湯からさらに奥に位置する落差90mの大きな滝で、日本の滝100選の2位に選ばれた美しい名瀑です。

 打当温泉マタギの湯から車で20分(未舗装路を含みます)、駐車場に車を停めて徒歩で40分~50分ほどで安の滝を見ることができます。
 途中、道幅の狭い未舗装路がありますので、車高の低い車両、車幅の広い車両、未舗装路に慣れていない方は、地元タクシー会社による「周遊タクシー」などをご利用ください。

関連リンク(平成28年度版)


 安の滝は2段に別れています。右の画像は展望台からのもので上下の滝を見ることができます。ここからさらに10分ほど登ると、上段の滝つぼまで行くことが出来ます。 
 安の滝の上段部。画像下部に見える人影と比べるとその巨大さが想像できると思います。

 展望台まで来て帰る人も多いですが、それは非常にもったいないです。もう少し足を延ばせば、滝の飛沫、轟音、全てを間近で体験できます。 

 紅葉期の安の滝。例年ですと10月の初旬から中旬にかけてが見頃となります。

 

 天気の良い日は展望台から見る安の滝に虹がかかることがあります。季節によって多少前後しますが、14:00頃に現れることが多いようです。虹のかかった安の滝を撮りたいカメラマンは、午後イチからセッティングして待っていた方がいいでしょう。 


一の滝・二の滝・幸兵衛滝
いちのたき・にのたき・こうべえたき 

(記事作成中です) 
道の駅「あに」 

(記事作成中です) 
 

 

森吉山は、秋田県北秋田市のほぼ中央に位置する標高1454.2mの山です。
山麓には広大なブナの原生林が広がり、また、数多くの谷や名瀑があるため、
秋田県有数の景勝地とされています。

※森吉山の南側も「森吉山エリア」のうちなのですが、
南側は「阿仁エリア」として別に紹介しています。
 
 
森吉山
もりよしざん 

森吉山は、北秋田市のほぼ中央に位置する標高1454.2mのなだらかな山です。「百名山」には標高がわずかに足りず(選定基準は1500m以上)選定されていませんが、高山植物が多く見られるため、「花の百名山」に選定されています。

南西斜面には「阿仁スキー場」があり、雪の無いシーズンでもゴンドラを稼動しているため、登山はもとより、高山植物や紅葉観察を手軽に楽しむことができ、同様に冬は日本でも珍しい「樹氷」も楽しむことができます。

※ゴンドラ稼働日などは「阿仁スキー場ホームページ」にてご確認下さい。
森吉山 阿仁スキー場
もりよしざんあにすきーじょう 

森吉山の南側にあるスキー場です。

豊富な積雪量と良質の雪質を誇りますが、最大の特徴は、3.5kmにも及ぶ長大なゴンドラと、2800m+1200~1600mの超ロングコースを楽しめる点です。





南西斜面には「阿仁スキー場」があり、雪の無いシーズンでもゴンドラを稼動しているため、登山はもとより、高山植物や紅葉観察を手軽に楽しむことができ、同様に冬は日本でも珍しい「樹氷」も楽しむことができます。

※ゴンドラ稼働日などは「阿仁スキー場ホームページ」にてご確認下さい。 
 
 
 
 

      プライバシーポリシー 
宿泊予約はこちら | 日帰りプラン | 濁酒 | マタギ学校
アクセス | 周辺観光 | ブログ | Facebook